恋愛工学小説『ぼくは愛を証明しようと思う』の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

漫画化、ドラマ化が進んでいる藤沢数希氏の恋愛小説『ぼくは愛を証明しようと思う』は現代日本の恋愛マーケットに風穴をあけたコンテンツだ。

彼のメールマガジン週刊金融日記では2012年頃からスタートし、メインコンテンツのひとつとして「恋愛工学」が展開されてきた。私も創刊当時からの読者なので分かるのであるが、初期はまさにロッカールームでのトークといった具合のとても生々しく、かつ個別具体的な事柄を扱っていた。

たとえばこんな感じだ。

***

週刊金融日記第14号「33歳独身男性、年収1000万超、ルックスも悪くない匿名希望さんの相談」より

今回は極めて深刻な相談をさせて頂きます。

当方、33歳独身 年収(本業)1000万超 ルックスも悪くありません。

(中略)

私のように平均以上に金銭的な自由があってもいい出会いにたどり着けない男
子がどのようのアプローチを踏んでいけばいいのか(本命との出会い・セフレとの出会い
は問いません)、何卒アドバイスを頂戴できますようお願い申し上げます。

 

─藤沢数希の回答

まず、結果として現在、パートナーもセフレもいない、という現状を深刻に受け止めた方がいいと思います。
あなたは、同年代の男性に比べて、そこそこのスペックがあり、そのことを鼻にかけていませんでしょうか。
おそらく、周りの女性達も、あなたのそんな態度に気が付き、離れていったのかもしれません。
大事なことは「感謝の気持ち」です。
ここはひとつ原点に立ち返ろうではありませんか。
女子が、わがままをいっても、嘘をついても、時には浮気をしても、我々男子は、おっぱいを触らせてもらえるだけでも大変ありがたいことだと思わないといけないのです。
どれだけ社会的地位が違えども、どれだけ自分の方がものをよく知っていようとも、また、どれだけ自分のほうが正しくても、若くて綺麗な娘のあそこをペロペロさせてもらおうと思えば、我々は無条件に膝を地面に着いて、お願いしなければいけない立場なんですよ。
そういった謙虚な姿勢を取り戻せば、道は自ずと開けてくると思います。

また、私は主義主張として合コンに行かないわけではありません。
単に、昔から合コンに呼んでくれる友だちがいなかっただけです。
それにハイグレードな出会いのプロセスなんてものはありませんよ。

***

 

ある程度恋愛経験を積めばあたりまえになるマインドセットや知識も、自己流のペーストやり方でやっていると遅々として身につかない。それをメルマガというコミュニティのなかで高速PDCAを回しだしたのが、恋愛工学の画期的な点であった。
上記の質問などは、有名企業につとめるいわゆるハイスペ男性にありがちな状況で、本来は仕事をバリバリやるべき時期なのに自分の男性としての魅力が劣化していくのではないかと思いこんで、おかしな方向にいってしまう数多くのハイスペ戦士たちを救っているはずだ。

 

このように週刊金融日記は多くの非モテ男性を救ったが、メルマガという胡散臭さと、「恋愛工学」というテクニカルタームっぽさがマジョリティへの浸透を妨げた。
ただ、それはある意味でコミュニティが確固たるアイデンティティを築くために有効に機能したと思われる。

以下はメールマガジンなどで使われる独特の用語の一部である。

 

***

【非モテコミット】
好きな異性のことばかり考え(コミット)、下手に出たり、気持ち悪いLINEなどを送って嫌われてしまう状態。

【フレンドシップ戦略】
異性に嫌われるのを恐れるあまり、友達から関係を始めてあわよくばセックスしようという戦略。ほとんどうまく行かない。(類語)「友達フォルダ行き」

【スタティスティカル・アービトラージ戦略】
統計的手法による恋愛戦略。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。世の中の一般的な男性は勇気がなくて数を打たないため、相対的にこの戦略が機能する。

【モテスパイラル現象】
セックスする相手が何人かできるともっと女の子が寄ってくるようになる現象。忙しい人に仕事が集まる現象と似ていて、周囲からの評価を「雰囲気で」(←大事)匂わせることで、価値のある男性だと認識させることが人工的にも可能になる。

【セックストリガー理論】
女の子はセックスしちゃった男性を好きになってしまう現象。妊娠・出産から逆算された女子の生存戦略であるという説明が合理的である。一方、ヤリマンであるほど、セックストリガー効果は発動しにくい。

【タイムコンストレイントメソッド】
時間制限法。「30分だけしか時間がないんだけど、お茶でもしませんか?」などと誘うほうが警戒されないし、かつ自分が忙しく価値のある人間だということも伝えられるので、結果的に女性からの印象を高められるというメソッド。

***

絶妙に、口の端に登りにくいワーディングセンスで、金融日記読者とそれ以外の壁を作ってくれている。特に、天敵である女性にとってはちんぷんかんぷんな用語に見えるため、未だに正しく理解されていないのが実情である。

 

●小説『ぼくは愛を証明しようと思う』のただひとつの欠点

そんな環境の中で満を持して出版されたのが小説『ぼくは愛を証明しようと思う』である。
当時私は「『恋愛工学完全マニュアル』にしたほうが売れるのになあ」と考えていたのだが、藤沢氏の目算はもっと広かった。今になるとわかるが、小説になるとそれを原作に、漫画・ドラマ・映画化される。そして漫画は言語圏・文化圏を超えて広がっていく。藤沢氏はメルマガコミュニティで温めてきたノウハウとメソッドを小説化した時点で、ビジネスパーソンとして「上がった」わけだ。

さて、そんな小説『ぼくは愛を証明しようと思う』はメルマガ金融日記以上に読みやすく、馬鹿でも恋愛工学を理解できる素敵な恋愛工学マニュアルとなっている。

主人公は、20代後半のそこそこスペックは高い(弁理士)がいまいちモテない渡辺くん。そして彼に恋愛工学を指南する謎の男性・永沢さん。登場人物の名前は、村上春樹『ノルウェイの森』へのオマージュになっている。

ストーリーとしては彼の恋愛面での成長(乞食女に振られるレベルから、モデルの彼氏になるレベルまで)が描かれる。
普通に読んでいても楽しいし、しかも恋愛工学の概念とテクニックも学べちゃうわけなので、本当におトクな小説なのだが、この小説にはひとつ大きな欠点が存在する。

〜〜

「俺は、渡辺に単なる街コンプレイヤーで終わってほしくないんだよ。俺はもっと上を見ている。これまでの3時間はほんのウォーミングアップだ。トライアスロンの本番はこれからだよ」

「これから?」

「これまでは、ビーチの脇にあるホテルのプールで泳いでいただけなんだ。本当の大海原に漕ぎ出して行くぞ。お前はきっと、あのまま街コンの二次会に行かなくてよかった、と思うはずだ」


「これから何をはじめるんですか?」


「ストナンをしながら、銀座のナンパバーに行く」


「ストナンって、ストリートナンパですよね? 道で声をかけるんですか!?」


「そうだ」


永沢さんがあっさりとこたえた。

僕たちは、八重洲のインド料理やから銀座のそのナンパバーまで歩いて行くことになった。道でナンパしながら、だ。
そんなことが、この僕にできるのだろうか?
はやくも緊張してきた。

〜〜

これは小説の序盤で渡辺くんと永沢さんが街コンに参戦し、いくつか連絡先を交換した直後のシーンだ。
ここで、永沢さんは渡辺くんにストナンを強制的にやらせる。
そして実際、永沢さんのアシストもあり、渡辺くんはいくつか連絡先をゲットしてしまう。

私は「恋愛サロン」および「恋愛コンサルティング」で、多くの男性に対してナンパやデートの指導をしていますが、そのなかで最も多くのつまづきがこの小説のこのシーンから生み出されていると考えている。

どういうことか。

『ぼくは愛を証明しよう』を読み恋愛工学を知った人間で、意欲のある人間は、まず自分でもやってみようと思う。
街コンやパーティに行ってみて、いくつか連絡先を交換できる。
「よしクリアだ!」
「そしてその次はストリートに出てみよう」
小説を素直に読むとこういうステップになるわけだが、これが大きな落とし穴で、
まともに女性とデートできない男性がストリートでナンパすることというのは、
家に包丁もまな板も食器もない人間がスーパーで手料理のための食材を探しているくらい滑稽で不毛なものなのである。

小説の設定でわたなべくんは女性となんなく会話できるレベルのコミュ力を有しているが、
モテない一般男性のほとんどは「デートでの会話・振る舞い」につまづきがあるわけだ。

まずはたくさんのデート経験をつんでそこを改善しなくては、ナンパをしてたまたまオープンできても、結局女性を楽しませることができずに不幸な時間を過ごすことになるだけだ。

「恋愛コンサルティング」では面談によって、本人の課題・目標・方法論を定めた上で、数カ月の恋愛指南を行っているわけだが、本当に多くの男性が、「女性とのデートでの楽しませ方」を軽視している。なぜだか知らないが、ナンパして、恋愛工学のテクニックをつかっていれば、自動的にセックスできるみたいに考えていたりする。

実際はそんな簡単ではない。まず会った時にそこそこの好印象を残し、女性の興味やニーズをそれとなく探ってデートを提案。デートでも女性との共通点を探り、和ませ、内面を聞き出し、自分の自己開示をする。そして最後に「一緒にいたい」と意思を表示してやっと成約。それくらいの作業工程があるのだ。

伝えたいのは恋愛工学は魔法のテクニックというよりは、当たり前の作業工程の個々人のボトルネックであるポイントをテクノロジーによって解決するための方法論である、ということ。

私個人はやはり「非モテコミット理論」と「セックストリガー理論」によって女性に対する認識を大きく変えることができました。
「やさしくするだけじゃダメなんだ」ってことと、「ヤらなきゃ好きになってもらえなんだ」ってことですね。

『ぼく愛』を読んでみた方は、ぜひ週刊金融日記のメルマガの初期の号を手厚めに読んでみてください。
いろんな戦士たちの試行錯誤にきっと感動するはずです。

 

 

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。