公園で”結婚”について考えみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ハトと向き合って、結婚のことを考えている。なぜか。

それは朝起きたら晴れていて気持ちよかったからだ。

そういう気持ちいい日は、何かいいことをしたくなる。

たとえば観葉植物に水をやってみるとか、老婆をおんぶして横断歩道を渡ってみたりとか。

しかし私の部屋には観葉植物など一本も生えていないし、街に出て老婆をおんぶして骨折でもしたら警察沙汰になるのでやらない。

なにをするかを顎をしゃくらせながら30秒ほど考えていたら賞味期限が切れかけの食パンがあったことを思い出す。

ハトに食パンをやりにいこう。

そう。思い出したのだが、私は幼少期、ハトに食パンをやる名人だったのだ。保育園に通っていた頃、その天性の人見知りが故、友達が一人もできず、せっかく「あーそーぼー」と安岡くんに言われても、恥ずかしくなって走って逃げていたほどのシャイボーイ。いつも園庭の隅っこでハトと遊んでいたのであった。

あの頃の自分に戻るのだ。尾崎豊を「15の夜」を「5の夜」に替え歌しながら、自転車に乗って、渋谷区の大きな公園へと向かう。ハトの集団にうれしそうな顔をして突っ込んでいく私は、端から見ると何に見えたのだろう。

ベンチに腰をかけ、おもむろに、賞味期限の切れかけのヤマザキ「超芳醇」をちぎりだす。「超芳醇」のパッケージを見つめていると「何が超なのだろう」という疑問が頭のなかに広がりだし、もしからしたら「超」は名字なのかとも思ったが、下に「ほんのり甘くて、もっちりおいしい」と書かれているので、その「もっちりさがすごい」というところから発案されたネーミングなんではないか、と一人会議をしていると、ハトがどんどん集まってきた。

ハトにエサをやっている時間は、自分自身と向き合っている時間である。ハトに向き合うことが、自分と向き合うことなのだ。だからハトが自分に見えてくる。自分がハトに見えてくる。ハト・イズ・ジブン。

ハトに餌をやりきった私は、まるで射精し終わった猿のようにベンチにぐでんとなっていた。賢者タイムである。賢者の私はあほの人みたいに口をぽかんと開けて、行き交う人々を見つめることにする。

トリスウイスキーを持った赤ら顔のおっさん。頭の賢そうな夫婦。汚い茶髪と穴の空いたジーンズのカップル。フォトジェニックさを追求している家族。白い日傘をさした主婦。ビニール袋を下げた浮浪者。髪型が同じ若者たち。顔がブサイクなところが共通点である家族。45歳経営者風男性と、その愛人のホステス風女性。またトリスウイスキーを持ったおっさん。いじめることを愉快にやるタイプの子供。

みな幸せそうだなあ。私もハトにエサをやっているときは幸せだったはずだ。しかしなぜかいま不幸を感じている。幸せそうな民と不幸な私を分かつ事実は、私が「家族」をもっていないということだ。「家族がいないから、あいつはハトに餌をやっている」、きっとそう思われているに違いない。そう考えるやいなや、自分の存在自体が恥ずかしくなり、「ハトになりたい!」と思った。いや、家族が欲しくなった。

晩婚化・非婚化・少子化が進んでいると、世の学者やメディアは言う。しかし目の前に「具体版・幸せな家族計画」を見せられると30を超えたおっさんにはこたえる。泣く。泣きはしないが、ため息をつく。ハトにエサをやりたくなる。だからハトと向き合って結婚のことを考えるはめになったのだ。

私はそこで挫けるような人間ではない。辛く血反吐をはくような社会人業務で、「ポジティブシンキング」を身に着けてきた。そう。いかに前向きに考えるかが大事なのだ。頭の薄くなって額にギトギトの油を載せた私の最初の上司はそう言っていた。だから私は財布を落としても「誰かがよろこんだはず!」と笑顔になれるし、恋人に浮気されても「他の男がホクホクしてるはず!」と思い込むことができるのだ。理論上。

独り身の私だからこそできることがあるのではないか。そう考える。
あ、ウイスキーを持ったおっさんと目が合った。そらした。

冷静になった私がそのとき考えたのは、どういう結婚が幸せか、ということである。
私は基本的に根が暗く根性が悪いので、人のことをじろじろじろじろと観察している。
中学時代、誰も気づかなかった、社会科の教師の7:3分けが3:7わけに変わったことにも気づいたくらいだ。だからこれまでに会った膨大な夫婦に関しても脳内の貧弱なメモリにしっかりと保存してある。

「幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある」
−『アンナ・カレーニナ』トルストイ

おそらく不幸な夫婦には、いくつかのパターンがあるのだ。

 

「情緒不安定な配偶者」

私の周囲で結婚後、「不幸の底なし沼」にハマっているのはこのパターンである。

夫でも妻でも、どちらでもありうる。一方の感情が安定せず、もう一方は、獰猛な動物を家の中に飼っているような恐怖に怯えながら暮らしているという。ある外資系企業で働く知人女性は、結婚するまで旦那にDVの気があることには気づかなかった。だが結婚し、ともに暮らし始めた直後から、ものを投げる、罵倒する、皿や茶碗を割る、料理を食べずに捨てる、大声で喚くなどの家庭内暴力を振るわれ、別居の末やっとのことで昨年離婚した。会ったときにアザを見せてもらったことがある。

また大学の友人男性は、結婚後、東日本大震災をきっかけに奥さんが情動不安になり、突然泣き叫ぶ、家を出て行く、スピリチュアルなものに大金をつぎ込むなど、コントロール不能な状況が出始め、今は別居して暮らしている。奥さんは働いていないので、生活費をまるまる負担しているという。このようにメンタルに関する問題は、パートナーともども不幸にする大きな原因のひとつだ。

 

「仕切りたがる配偶者」

「情緒不安定な配偶者」に比べると、まだましであるが、傍から見ていると大変そうだ。その要因は徹底的な小遣い制である。

東大の法学部を卒業しメガバンクに入社した友人は、現在一日500円の昼食代しか持たされていないという。
彼は同じ銀行に一般職で勤めていた年上女性と結婚したのだが、その後、ストイックな小遣い制を敷かれるにあたっては、給与や会社の仕組みをすべて把握されてることが災いしたと述べている。飲み会や交際費に関しては都度申請して受給しているが、それ以外の費用はすべて貯蓄と保険に回されている。年末に会ったときに「毎日、嫁と子供が寝静まった後、i-padを取り出してマスターベーションするのが唯一の楽しみだ」と言っており、かわいそうに思ったので、一緒に風俗に行って、お金を払ってあげたら泣いて喜んでいた。これからもそういう慈善活動はしていきたい所存である。

 

「競争心の強い配偶者」

いわゆるバリキャリ男性・バリキャリ女性と結婚すると、社内競争はおろか、家庭内競争に疲弊することになる。

私の観察によると、どちらかが折れなければうまくいかないようだ。私の同僚も、「仕事ダイスキ♡」の2人が結婚し、子を授かった時点で、労働争議が開始された。「私は給料をこれだけ稼いでいる。ゆえに、やる家事の量はこのくらいが妥当である」というような議論を喧々諤々とやっている。バリキャリの奥さんというのは、男よりも闘争心が強いことも多く(当然、他の男の同僚より優秀だったりする)、男側が折れている側も多い。つまり男にとっては妻の仕事を優先させ、自身の出世を諦めるということだ。外資系戦略コンサルファームに努めていた友人男性は、奥さんの出産後「ワークライフバランス」を重視し、名も知らぬ製造業に転職した。給与は3分の1になったという。このパターンは決して不幸とはいえない、自分の人生設計を再度考え直す必要が出てくるパターンだ。

 

「生理的に無理な配偶者」

いるよね。たくさん。「じゃあなんで結婚したんだ」って聞きたくなるけど、たぶん聞いちゃいけないんだよ。「大変だよなぁ」と相づちをうって安い日本酒を飲むくらいしか俺にはできない。体重120kgにもなる先輩は「嫁がもう一緒に寝てくれない」と嘆いていたし、ジジイの医者と結婚したキラキラ女は「NO SEX LIFE!」と豪語していた。生理的に一度無理になると、男も女も、もう無理らしい。一生の関係を誓い合うということの意味を考えさせられるよね。

 

未来の妻よ、あなたはどんな人なのですか。

気づくとウイスキーを持っていたおっさんはベンチに寝っ転がっており、私の前にはハトがまだうろうろしていた。

私は未来の妻を探すため、まず、マトリックスをつくることにした。

その際、横軸を【依存心⇔独立心】、縦軸を【共創関係⇔競争関係】に設定した。

できあがったのがこの図である。

キシリトールを噛みながらこの図を見ていたら、腹が痛くなってきた。あとで調べたら「キシリトールってお腹がゆるくなることがあります」って書かれてる。ガムごときにやられる私の腹を思いながら、1にメンタルの安定、2に干渉の低さなんじゃないかしらと結論して、汚い公衆便所に向かったのだった。

 

やはり健康が一番である。

 

 

おしまい

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。