おっさんの教科書

藤原和博氏の『35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画』を読んで、

おっさんはこれからいかに生きるべきかを少し真剣に考えて見ました。

 

藤原和博氏のプロフィールは以下。

1955年生れ。1978年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。1993年からロンドン大学ビジネススクール客員研究員。1996年より年俸契約の客員社員「フェロー」制度を人事部とともに創出、自らその第1号に。20034月から杉並区立和田中学校校長に、都内では義務教育初の民間人校長として就任。

YouTubeでもこのあたりの動画は人気かつ有用ですね。

藤原和博氏が教える「100万分の1の人材」になるために今すべきこととは?

 

 

 

Twitterでも積極的に情報発信されています。

 

 

この本『35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画』を読んで印象的だったのは以下の3点。

 

・積極的に主流を外れていくことが大事。

・極端は自滅する。

・環境こそ育てるべきもの。

 

一つずつ見て行きましょう。

 

①主流は残りカスだらけになってしまった−主流を外れることの重要性−

 

仕事に打ち込める可能性のある3000時間のうち3分の1の1000時間を本業に投資し、残りの2000時間を戦略的に別のことに投資する。(中略)「みんな一緒」から「それぞれ一人一人」の社会になっていく変化の時代には、孤立することを怖がってはいけない。「いい子であること」の呪縛から逃れるのだ。

この「いい子」というのは昔に言われた「いい大学・いい会社・いい人生」のレールに乗った成功ストーリーと親和性のある価値観ですよね。

マスコミに踊らされた無理矢理の自己啓発や、自己犠牲や、家族サービスではなく、喜んで「未来の自分のために投資する」のである。結果的にはその方が、自分自身だけでなく、家族を含むコミュニティという資産を豊かにする。

大マスコミや有名人が言うところの王道はもうジリ貧でしかなくなり、がっつりコミットしてもリターンが得られないようになってしまっています。これは私自身も実感していますが、旧態依然の業界や産業と関わるとしきたりや根回しが多すぎて、全く労に見合わないです。あえて確信犯的に突っ込むのはアリかもしれないけれど、今時は本業・副業・友人・家族・その他コミュニティという風にコミットを分散させておく方がリターンの期待値も高くなっているのが、個人的な感覚値でもあります。

参考:サヨナラ、昭和の幸せモデル

 

②極論がもてはやされる時代だからこそ、バランス感覚を維持する。-極論は自滅する−

バランス感覚が悪い人は、人付き合いが苦手です。友人とはベタベタなのに、そうでない人には全くと言っていいほど寄り付かない人がいます。人間関係に「0」か「1」しか求めないような人。同種の友人とだけ仲良くするより、適度に距離感のある100人と付き合ったほうがいい。その意味では、学校は絶好の訓練の場です。

仕事で商品開発やマーケティングをやっていると特に思うのは、自分の脳内に多様な人間のサンプルを持っていることが重要だということです。生まれも育ちも東京の世田谷区で地方のマイルドヤンキーと接したことがない人がミニバンのマーケティングをやるのはなかなかハードです。田舎出身で中学校の友人のFacebookをチラ見しながら、「もう子供が2人もいるのかぁ」と思いながら調査企画を眺めている方が現実的なアイデアが浮かんだりするわけです。

集中力は勉強だけでも身につきますが、バランス力は、遊びの中で身につくことが多い。私が「遊びも一生懸命に」と提唱しているのはそのためです。この集中力とバランス感覚さえ持っていれば、将来何に興味が向いたとしても自分のものにできる。10代で集中力とバランス力を獲得することによって、あらゆることを学ぶ基礎ができたことになります。

SNSインフルエンサーが猛威を振るう現代社会では、一見、極論を言えることが認知および人気獲得の手っ取り早い手段に思えますし、実際その通りの一面もあります。が、長期的に他者と関係を継続させたり、信用を得たりするためには、極論ばかりではボロが出ます。バランス感覚を持ちながら全方位的に配慮した上で自分のポジションをとっていくことが長い目で見れば適切であることは、ある程度経験を積めばわかると思います。

 

③環境づくりにこそ、細心の注意を払う。−環境はつくれる!−

持てる武器は個性的なほうがよいのですが、気をつけて欲しいのは、「個性は自分の中にしかない」と思い込まないことです。勝間和代さんが訳した話題の書『天才! 成功する人々の法則』の中で、著者のマルコム・グラッドウェルは「個性はコミュニティの中にある」と断言しています。なぜ1955年前後にコンピュータ界の天才が多く生まれたのか。マイクロソフトのビル・ゲイツが55年、ポール・アレンが53年、スティーブ・ジョブズが55年、エリックシュミットも55年。共通点はみんな偶然にも「圧倒的に練習量が多くなる環境」があったことです。確かに、自分自身の生まれ育った能力や努力の結果は必要です。しかし、それ以上に周りの環境や出会う人々からの影響を大きく受けながら、私たちは生活しているのです。そういう意味では、関係性をいかに作れるかということが個人のクリエイティビティの一つになってきます。

個人の能力だけでは才能は開花しない。これは私の経験や実感とも一致します。個人の才能とは植物の種子のようなもので、元気に発芽するためには土や日光、雨など「環境」の要素が補完的に必要になってくるのだと思います。ただし人間は植物とは違って自ら主体的に動くことができるので、才能を開花させる環境をゲットしにいったり、時間をかけて向上させていくことも不可能じゃないわけです。個人的には長く生きれば生きるほど、種子としての才能よりも、環境要素が効いてくると思っているので、しっかりと自分好みの環境を整備していくのがこれからの人生計画には必要なんじゃないかと思っています。

 

個人的にまとめると・・・

35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画』を読む前から、これまで主流とされていた人生設計で生きていくと摩耗するだけなんじゃないかというのは考えていましたが、この書籍を読んだことで改めてその考えは的外れではないんだなという思いを強くしました。

質問や相談でよく「自身のキャリアについてどう考えていますか?」と聞かれることが多いのですが、実はそんなにしっかり考えていません(笑)。「面白そうで少数派のポジションにたどり着ければ大丈夫だろう」と直感的に考えて、ドメジャーな選択肢をあえて排除し続けている感じです。おかげで同じ大学の同窓生は周囲にはもういなくなりました。(この「同じ学歴・職歴の人が周りにいない所に行く」ってのは、分かりやすくて簡単な指標だと思いますね。)

 

ということで久しぶりの書評でした。

 

藤原和博さんはマーケティングとマネジメントの感性が非常に優れている方だと思っていて、ロジックで考えると見過ごしがちな成功のポイントをうまく言語化されているので、興味のある方はぜひ一読してみることを進めます。

 

おしまい

オススメ香水まとめ

 

香水をあまり使って来なかったのですが、加齢と猛暑のダブルパンチにより、そろそろ採用してみてもいいかなと思い始めました。

 

 

ということで【ゆるぼ】

 

ミニマルデザイナーのAKILAさんからは、ケルンのこちら。

 

ZinRyuさんのオススメは、ジン香る香水。夏にいいかも。

https://twitter.com/Zin_Ryu/status/1014093929938018309

 

パーソナルトレーナーでフリーエンジニアのしょうちんさんからはシャネル。美人店長のお墨付きです。

こちらですね。買います。

シャネル・アリュール・オム・スポーツ

 

シャネル・ブルー・ドゥ

 

 

ちなみに、上のブルー・ドゥはモテ男の間でも人気が高く、女性からの賛同もいただけたので、とりあえず試してみる価値はありますね。

 

 

 

おすすめスニーカーまとめ

夏に向けて新しいスニーカーがほしいなと思って、

twitterで下のようなつぶやきをしたら、たくさんな有益な情報をいただきました。

みなさまありがとうございます。せっかくなので以下にてご紹介させていただきます。

 

海外の雑誌から飛び出てきたようなオシャレイケメンのHRさんからのリコメンド。

残念ながら僕はあまりリッチではないのですが。。とはいえ気になります。

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/Drshunshu/status/996253797226704898

 

 

https://twitter.com/guest_houserr/status/996230053225623552

 

 

 

 

 

 

インプット論−新しいシステムをインストールするために必要なこと

今年の自分のなんとなくの目標は、インプットを重視することだ。

ソーシャルメディアが発達して個人でも情報発信できるようになってから、アウトプットが中毒的に面白くなってしまい、インプットが疎かになっているなぁと、2〜3年くらい思っていた。

もちろん、日々生活をしながらもインプットとアウトプットは行われているわけで、コンビニの棚を見ながら仕入れた情報もインプットであるし、仕事で使う英語の論文を読んでいるのもインプットだ

ただ、新たな体系的知識−たとえば学問分野とか外国語など−を学ぶとなると、しばらくの期間腰を据えて学ぶことが必要になる。

で、4月−5月はテーマを設定して意識的にインプットの期間としてみたわけだ。(私はこれを「インストール」と呼ぼうと思う。)

 

●「インストール」の特徴

気づくことは、アウトプットは他分野同時並行が少なからずシナジーを発揮するが、新体系をインストールするためのインプットでは意識を散らすことはネガティブに働くということだ。

むしろ、意識を分散させずに、なるべくどっぷりと新しい世界に浸かったほうが早い。

海外留学して日本人同士でつるむより、現地人コミュニティに一人で飛び込んだほうが、語学もコミュニケーションも早く身につくのと同じだ。

「新しいシステム」のインストールとは、「既存のシステム」を介さない回路づくりなわけである。

●人工的に「インストール」するための方法論

短期集中で新しい世界にどっぷりとつかってみることが、「新システムのネイティブ」になるための手っ取り早い方法である。

たとえば学生から社会人になったときに、週末ごとに学生時代の友達と会うよりも、週末も含めて会社の人たちと交流するほうが、明らかに社会人になじむスピードは早い。

だから、一部の企業は、寮を設けたり、会社の近隣に住む社員に住宅補助を出したりすることで、インストールを早めようとする。

これにはメリットとデメリットともに存在するが、インストールする本人がその仕組と効用を理解していれば、基本的に大きな問題になることはないと考える。

ゆえに、新しいシステムをインストールしたいのであれば、意識的に旧システムをシャットダウンして、新システムに移行してみるのが手っ取り早いだろう。

 

●1年に1ヶ月くらいは、新システムのインストール期間をつくってみると面白いかもしれない

 

たとえば私が80歳で死ぬとして、75歳から勉強しても、そのシステムの使用可能年数は5年である。

せっかく同じシステムをインストールするのであれば、なるべく若い時期にインストールしておいたほうが得なのは言うまでもない。

日本の学校教育では20代までに徹底的なインプット・インストールをなされるが、大学卒業・企業入社移行は、よほど意図しない限り、新しいシステムをインストールする機会がない。

新しいシステムをインストールすると何がいいかというと、既存のシステムを、自身のなかで相対化できることである。何かを基準として、良し悪しを判断できる。

転職経験がある人間とそうでない人間では、企業を見る時のモノサシの数と精度が明らかに違う。

そして私は、持つモノサシの数が多く精度が高いほうが、自身をより最適な場所に置けるし、より価値の高いアウトプットができるだろうと考えている。

なぜなら、複数の視点から自分と自分のアウトプットを眺められるので、ディスコミュニケーションを減らすことができるからだ。

というわけで、回りくどいが、私は人生において、多くのシステムをインストールするほうが質的に豊かに暮らせるると考えており、そのためには、なるべく若い時期に継続的なインストールが必要だと結論づける。

でも、アウトプットもしないといけないよね。そうじゃなきゃお金が稼げないから。

だとすれば、年に1ヶ月くらいのインストール期間を意図的に設けてみるのが、実はいちばんいいんじゃないかというのが私の主張。

もし何かの弾みに私が起業したりしたら、「インストール休暇」というのを設けてみようと思う。

 

 

まあ起業しないと思うけど。

 

 

※これ、いちおう、↓エントリーへのアンサーになっています。

 

小学生みたいに40日間の夏休みがもらえたら、あなたは何をする?

小学生みたいに40日間の夏休みがもらえたら、あなたは何をする?

 

 

 

 

世間はゴールデンウィーク。

といっても長くて9連休くらいの人が多いと思う。

ふと大人になって(社会に出て)から長期休暇なんて取っていないなぁ、と思い、

もし一ヶ月くらいの休みが取れたら自分は何をするだろうと夢想してみる。

・・・

・・・

意外と思い浮かばない。

こういうときはフォロワーの皆さんに聞いてみたほうがきっと面白いはず。

と思って、聞いてみた。

 

▼恋愛工学インフルエンサー・ゴッホさん

非日常体験しつつ、それでコンテンツを生み出すわけですね。

現代版『深夜特急』はなかなか魅力的なコンセプトだと思います。

SNSを駆使すればリアルタイムでめちゃ面白いことができるはず。

 

 

▼競馬大好きakkyさん

コアになる趣味があると、それを軸にピボットできるのでいいですね。

 

▼okapさん

日常vs非日常の構図で観た場合の、日常をアップデートするパターン。僕も一周回ってこっちにする可能性が80:20くらいはありますね。

 

▼讃王さん

毎日違うことをする。これはかなりエネルギー入りますが、たとえばYouTuberみたいなのとは相性いいですね。

 

▼清水陽介さん

10個のスキル。結構欲張りですね笑

自分の場合はプログラミングと語学になるのだろうか。

 

▼ナンパドリさん

うん。僕もサラリーマンはこういうのが賢いと思います。

バカンスに行きたいところをまずは我慢して副収入のインフラをつくる。

そうすれば長い目で見れば、お金も時間もゆとりができてきて、短期的に休むよりリラックスできるかも。

 

▼ゆーやさん

お子さんがいらっしゃる方は、思う存分いっしょにいるっていいですね。

自分の子ども時代思い返しても、家族で遊びに行ったことって、脳にしっかり焼き付いてるんですよね。大人は日常が大事だけど、もしかしたら子どもには非日常が大事なのかもしれない。

 

▼ぼうずさん

https://twitter.com/cherryboy_usa/status/990898818827796480

僕も、墓参りとか、故郷や育った町をぶらぶら散歩してみることはいつかしたいと思っています。自分のルーツについては大人になって早目に理解しとくほうがいいんじゃないか、みたいに考えています。

 

▼悠斗さん

個人的にいちばん切れ味のある回答でした。時間があったら、その時間ごと日常を改善する努力に投資する。そうするとその後の人生が1ステージアップする。その繰り返しで人生をアップデートしていくべき。そういった明確な指針を感じました。

その意味でも、1ヶ月くらいの休暇は意図的に取って日常のアップデートに使うべきかもしれません。

 

 

でね。

ここまで来て、実は思ったんですが、この問いに対する自分の答えって、

実はもう明日からやるべきことなんじゃないかって思うんですね。

夏休みなんて普通にしてたらもらえないわけなんで、「いつかやりたいこと」なんて多分永遠にできないんですよ。

だから、別に明日からじゃなくても、虎視眈々とできるタイミングを狙っていくべきだと思います。定年してからLCCでナンパなんて無理ですし。笑

 

ということで、おしまい

ムラ社会コワイ

 

 

こんな呟きをしました。

 

すると、

 

あらー

あらー

あらー

 

日本社会というか企業社会では、むき出しの反抗心はいい結果を生まないようです。

というか政治的に不利になると結構キツイ。

藤沢数希先生も、こう仰ってます。

目立たぬように擬態して生きるのがいいのかもしれません。こんなふうに。

 

 

動物や昆虫で弱いもので生き残っているものに注目してみるのは面白いかもしれません。

私も弱者なのですこし研究してみることにします。

 

 

 

 

というメモでした。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

五反田のすすめ

五反田って名前で損してるんですが、かなり使いやすい街です。

おいしいお店もオシャレなお店もそこそこあって、品川や目黒から近い。
バーやラブホテルもそれなりにある。

気合入れてデートっていうよりかは懇意な人と気軽に楽しめる街ですね。渋谷・新宿・池袋みたいにガヤガヤしてないのでストレスも少ないです。

 

そういえば、キングコング西野さんのスナックも五反田ですよね。

五反田に住所非公開の会員制スナック キンコン西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」をイメージ

五反田に2月1日、スナック「キャンディ」(住所非公開)がオープンした。同店の発起人はお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんと、ライブ配信サイトを運営するSHOWROOM(渋谷区)代表の前田裕二さん。元お笑い芸人のホームレス小谷さんが店を運営する。

(品川経済新聞 https://shinagawa.keizai.biz/headline/2997/

 

そんな流れで今回は、複業ラボメンバーのセイントさんの有料note五反田プロトコルを紹介させていただきます。

 


みなさん初めましてセイント(@Saint0g3)です。

東京は週間恋愛サロンを筆頭とする様々な情報の力によって、かなりの主要駅の遊び場が開拓されてきました。コリドー、中目黒、恵比寿なんかはその最たる例で、発展すると同時に一般化されたことによって、少しずつではありますが手狭になってきていることを感じています。

だからこそ逆に普段行ったこともない東京のローカルエリアが熱いんです!

ということで今回は私が20年以上住み続けている五反田を紹介させて頂きます。

五反田は、山手線・銀座線・都営浅草線の3本の主要路線と、池上線というローカル線の4本もの路線を有しており非常に利便性の高い駅となっております。

昭和時代に作られた風俗街・サラリーマン・飲み屋・SMなどといったイメージが未だに拭えない一方で、最近ではアクセスのしやすさと、東京のオフィス街の中でも比較的家賃が安いということからスタートアップの発信地としても有名になってきており、

また大学でいえば、立正大学や明治学院大学、清泉女子大学などがあり上記のスタートアップが五反田を選ぶ理由と同様に地方から出てきた学生さんにも人気の街だったりします!

観光スポット的な面でいえば、春には目黒川沿いの桜が満開になり、中目黒〜五反田まで視界いっぱいの桜の景色を楽しみながら春の到来を感じることができます。

桜を眺めながら歩き疲れたら、ちょっと一杯いつもとは違う雰囲気でお酒を飲むのも楽しいかもしれません。五反田には、「東の樽の水、西のアマミ」といわしめた2つのオーセンティックバーがあり、業界でも有名です。

・樽の水
http://www.tarunomizu.com

・バー アマミ 
http://baramami.wixsite.com/bar-amami

最近では大崎広小路と五反田間のガード下も改装され、ちょっとした飲食店街のような新商業施設「池上線五反田高架下」も出来ました

https://www.fashionsnap.com/article/2018-02-01/gotanda-kokashita/

昔のような風俗・サラリーマン・オフィス街だけじゃないんです!是非とも徐々に力をつけてきている東京のローカルタウン五反田に遊びにきてください。

さて、以上は五反田の表の面のPRでしたが、今回は五反田の女性とのアポイント地としての使用方法を紹介させていただきたいと思います。

昨年の3月に週刊恋愛サロン40号にて紹介されました五反田プロトコルを、今回は五反田を愛してやまない私が更にアレンジを加え西側も東側もプロトコルとして使い易いように改良致しました。


 

以下は、セイントさんの新五反田プロトコルです。

それではどうぞ。

目次
●五反田のメリット
●五反田プロトコル・西口
●五反田プロトコル・東口
●貴方だけの五反田プロトコルを

https://note.mu/kai_flair/n/n4af064e068ef

 

 

 

 

 

 

 

【2018年版】出張で使える!札幌 夜遊びガイド

こんにちは。PuANDAです。

今回は副業ラボメンバーで北海道在住のスケさん (@Suqe_san)から、札幌の遊び方ガイドが届きました。

出張などで是非使ってみてください。それではどうぞ。

 

===

どうも、スケ (@Suqe_san)です。
今回は、PuANDAさんのブログに紹介頂き、嬉しく思います。

私は北海道で仕事をしております。「一度住んだら、出たくなる町」

それが北海道札幌です。飲食店で出てくる食材の美味しさとその安さは小遣い制のサラリーマンさんが出張でやってきてもとても満足して楽しめるのが、この札幌の街なのです。

総人口195万人で、北海道の人口のほぼ半分がこの街に居て、とっても栄えています。

最近は外国の方も多く来られており、グルメスポットに彼らを連れて行くととっても喜びます。出張で外国の方を連れていく人も是非ご参考になればと思います。

飲食店をはじめとして、宿泊施設など安くて付加価値の高い店が多いです。そこで今回は、札幌出張者に向けた「夜遊びガイド」と題して、安くてよい店を紹介したいと思います。

本稿では、以下のお店情報を載せていきます。

尚、あくまで出張で使うと言う前提なので、まったくディープなお店は紹介していません。

 

【目次】
①グルメスポット
②クラブ
③バー
④ラウンジ
⑤風俗
⑥ホテヘル
⑦ホテル
⑧民泊物件

 

グルメスポット


・「根室花まる・四季花まる」

根室花まるは回転ずしと侮ることなかれ!札幌市の外から、多くのひとが訪れて行列が絶えない、最強の回転ずしがこの花まるです。東京のKITTEにも系列店があり、とても行列が多く栄えているのをご存知の方も多いのではないでしょうか。なんといってもネタが新鮮で、札幌以外からも電車で1時間くらいかけてくる人がたくさんいるくらい、ファンの多い寿司屋です。値段の割にとてもおいしく、何よりネタが新鮮です。サンマなんて異次元のおいしさです。本当におすすめです。外国の方を連れてくるのもおすすめです。

ちなみに回転していない方の四季花まるも本当においしいです。札幌で味を基準に選んでお寿司に行くなら一番おすすめです。何人も外人連れて行きましたが、みんなめっちゃ幸せそうな顔をして食べてました。

http://www.sushi-hanamaru.com/

 

・「鮨処 西鶴」

出張中ということで、ちょっと行くのが遅くなっても大丈夫なお店を。ずっと関西に住んでいた私からすれば、北海道の回らないお寿司>北海道の回転寿司≧関西の回らない寿司>関西の回転寿司ですが、回らないお寿司の中ではお値段は比較的リーズナブルかと思います。特にウニは本州のものと全く味が違います。本州だと保存料にミョウバンを使っているのですが、北海道では産地のそばで新鮮なままでミョウバンを使う必要がないため、甘みと旨味しかないウニが食べられます。

4店舗あり、札幌のビジネス街に近いのが1店舗と、歓楽街であるすすきの近辺に三店舗あります。特にビジネス街から近い北一条店、繁華街の三条店はランチもやっているので、出張中のお昼にお寿司なんてのはいかがでしょうか?
https://www.sai-kaku.com

 


・「焼き肉世界チャンピオン」

北海道で焼き肉といえばここ。食べ放題なのに絶品のお肉がたくさんあります。価格帯もいろいろ選べて、3300円の食べ放題から、高級肉まで選べる6200円のプレミアコースまであります。店の雰囲気はガッツリ行きたい後輩、もしくはとても仲の良い女性と行くのに向いています。 店の内装はキレイ目ではないのですが、とてもおいしいです。和牛食べたい外国人を連れて行くのもおすすめです。

https://r.gnavi.co.jp/h098403/

 


・「札幌成吉思汗
しろくま

北海道名物ジンギスカンということで、絶品羊の肉が食べられるお店です。

店主の肉に対するこだわりが凄いです。「ジンギスカンと言えば匂いがきつい」という先入観が強いかもしれませんが、この店はそんなのどこ吹く風。生後12ヶ月未満のラムはとても上品な味だし、24ヶ月以降のマトンも絶品です。肉を食べている感触が心地良いです。また、道産の玉ねぎも絶品ですので、ぜひ追加注文して食べることをおすすめします。インド人に羊を食べてもらいましたが絶賛してました。宗教上の理由で牛が食べられない人はここですね。

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000800/

 

・「北海道ろばた 居心地」

北海道っていろんな名産があるから、どこ行こうか迷うという人には、迷わずここをおすすめします。幅広いバリエーションの品揃えで海鮮、肉、野菜なんでもござれの品揃えですが、どれも結構美味しいです。

牡蠣、海老、いくら、サーモン、牛肉、羊、道産有機野菜など美味しいものが目白押しです。日本酒の品揃えも多く、北海道に初めていくならお勧めのお店です。

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1042524/


・「北海道原始焼き酒場ルンゴカーニバル」

とにかく牡蠣、それと他の海鮮もがお好きなかた、ここがおすすめです。一個100円の牡蠣のサイズはとても大きく、それでいて濃厚です。生牡蠣、焼き牡蠣、蒸し牡蠣本当にどれも美味しい。牡蠣だけじゃなく他の海鮮もあって、刺し身はもちろんのこと、数の子入りのニシンの炭火焼きなど珍しいものが食べられます。

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1047523/

 

 

クラブ

札幌には、とにかく白くて可愛い子がとても多いです(わたしの妻も超真っ白です)。ウィキペディアによると男女比は910です。そんな札幌の女の子が開放的になる場所を紹介します。


・「リビエラ」

札幌で人気のクラブです。週末は結構結構イベントをやっていて大いに盛り上がっています。

イベントの時は結構有名なDJが呼ばれていてたくさんの人が来ます、よって週末に行われるイベント時がおすすめです。
https://riviera-sapporo.com/

 


・「KING
XMHU」

2016年にリニューアルして復活しました。(復活前は2008年に一度閉店)名前の中にある、「」のように、八の字型になっている店内が特徴的です。遺跡のようとしか説明できない外観で、店内も割と凝った内装になっています。

4つのフロアに分かれていろんなジャンルの音楽がかかっていて、そのせいか、いろんな種類の女の子が来ています。オープンしたての時に行ったということもあるかもしれませんが、平日でも結構混んでる印象でした。
https://kingxmhu.com/

 

・「Booty : discotheque and lounge bar in Sapporo

外国人が多いなというのが特徴。日本人も居ますが、とにかく外国人と会いたいならここです。

観光客というよりはここに住んでる外国の方が多いので、地元トークをうまく英語でできればよいかと思います。
www.booty-disco.com

 

バー

札幌のバーといっても本当に色んな所がありますが、一部ご紹介。


・「
St.Johns Wood

いわゆるブリティッシュパブです。HUBとは雰囲気が違いますが、内装もおしゃれで、明るく、なかなかおすすめです。札幌の有数のナンパスポットであるススキノ交差点(夏は地上、冬は地下)の地上すぐそばにあります。週末結構混んでいることも多いです。結構旅行で来てる外国人が居たりするので結構話します。

www.sjw.k-ai.jp/

 

・「バール TUTTI・バールTUTTI2」

イタリアワインがお好きな方におすすめなバーです。テーブル席もありますが、カウンターは立ち飲みスタイルなので結構賑わってます。結構お肉も美味しいのでワイン飲みながらワイワイやるのにおすすめです。2号店のバールTUTTI2も同じような立ち飲みバーです。
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1034206/

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1042708/

 

・ 「サカノバ」

大通りの側にある人気の立ち飲み屋さんで、アメリカンな雰囲気です。結構一人でお越しになっている方も多い印象です。
https://retty.me/area/PRE01/ARE164/SUB43802/100000065469/

 

・「JIS

いわゆる相席屋のバー・ラウンジ版です。結構きれいでラグジュアリな内装で、他の地方にもあるみたいですが、札幌にもあります。いつも結構女性が多いなという印象でした。結構有名な場所ですが、そもそも相席屋ですので自由な移動とかはありません。

http://sapporo.jis.bar/

 

・「BAR YAMAZAKI

開店58年目の超老舗のBAR。年代物の真空管アンプから流れるジャズ等や手入れされたカウンタなどとにかく上品かつ歴史あるところで、純粋にお酒と雰囲気を楽しみたいならここです。
http://www.bar-yamazaki.com/

 

・「スカイ ジェイ (SKY J)

札幌駅すぐ側、JRタワーホテル日航札幌の35階にあるレストランバーで眺望、雰囲気最強です。地上150mから眺める夜景はネオンが輝き、とても美しいのでおすすめです。繁華街からは遠い場所なので、駅の側で何としても雰囲気あるバーで飲みたいときに最適です。https://www.jrhotels.co.jp/tower/restaurant/skyj/

 

ホテル

直近、札幌はアジアの方々をはじめ、外国の観光客の方々がとても多く、なかなかホテルが取れないことがあります。最近ホテルが増えてきて、若干その傾向が緩和しつつありますが、春節シーズンはかなりやばかったです。結構前から予約したほうが良いですね。

・「アパホテル〈札幌すすきの駅前〉」

すすきの駅のすぐ側です。周辺は飲み屋がいっぱいでとてもアクセスが良いです。

  https://www.apahotel.com/hotel/hokkaido/05_sapporosusukino-ekimae/


・「ホテルルートイン札幌中央」

すすきの本当にど真ん中にあるホテルで、とてもアクセスが良いです。

https://www.route-inn.co.jp/search/hotel/index_hotel_id_590?gclid=CjwKCAjwnLjVBRAdEiwAKSGPI6rIF71B6lUX2KSYvrapRta3P9pu6t-aW1XCTTeMMT1pvZXkDhOZmhoCGvUQAvD_BwE

 

・「ドーミーインPREMIUM札幌」

ススキノから少し歩いた狸小路というアーケード街の中にありますが、すすきのから近い場所にあります。内装は出来たばかりということもあり、とてもきれいで、温泉大浴場があるのもポイントです。

https://www.hotespa.net/hotels/sapporo/

 

風俗

 とにかく東京から来た方は北海道すすきのは「安くて高品質」と口をそろえておっしゃいますが、実は私は行かないのでわからない為、専門のサイトを見ていただいた方が良いと思います。

私の職場には出張者から聞かれたら「プッシーキャットをおすすめします」というようにと口伝が残されていますので、皆様にもその通り伝えます。詳細を知りたい方はどうかググっていただけないでしょうか笑。

 

民泊物件

札幌は以外に地価が安いということもあり、民泊物件も多くあります。ただし、飲み屋が多くあるすすきの近辺の民泊は、ホステルを除くと総じて高い印象です。

「札幌駅付近エリア」

札幌駅すぐそばの民泊でホテル並みの5,000/泊だが、内装の豪華さと駅までのアクセスを考えると下手なホテルよりもかなりいい。

https://www.airbnb.jp/rooms/10802270?s=51

ホステルなら、

GRIDS SAPPORO

きれいで安価、おすすめです。

https://www.grids-hostel.com/hostels/sapporo/

 

 

==

スケさん、ありがとうございました。

スケさんは外国人の接待もよくやられてるみたいで、以下のnoteなどもとても有用です。

●旅行中の外国ゲストと話せる英会話表現
https://note.mu/suqe_san/n/n7a51ddd51877

普通に旅先で外国人と仲良くなれますね。海外でも使えると思います。

 

それでは北海道の夜を楽しんでください。

 

 

 

おしまい

 

 

タスク管理2.0

タスクはToDoリストではなくスケジュール表に入れる。なんと、たったこれだけのことで心が解き放たれ、ストレスが減り、認知能力が高まる。

フロリダ州立大学の研究によれば、ツァイガルニク効果(未完了のタスクによって意識的・無意識的に悩まされる現象)は、タスクを達成するための予定を立てるだけで克服できるという。実際にタスクそのものを終わらせる必要はないのだ。

 

-『1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣』の一節

このオンクさんのTweetで衝撃を受けました。

自分はこれまでタスクリスト→スケジューラという二段階で仕事をコントロールしてたんですけど、タスクリストが要らないと聞いて目から鱗が落ちました。

人から振られた仕事のほうが何故かスイスイ効率よく終わって自分でやりたいと思っている仕事がなかなかできない(もちろんタスクリストには入ってる)現象って、これまでありましたが、まさにタスクリストに入れといてスケジューラに入れないことが原因だったんだなと得心しました。

いつやるかが決まらないと人は結局やろうとしない。

これがこの理論の本質だと思います。

〆切が、爆発的な仕事の推進力になるのも、「ケツに火がつく効果」もありますが、「今やらないといけない」というコミットの根拠を明示するからでしょう。

だからタスクリストをそのままスケジューラに置き換えるのは、「〆切効果」を発動させるテクノロジーであるともいえますね。

だから日曜の夜はこんな風に次週の予定を計画するのがいい時間の使い方なのかもしれません。

 

スケジューラはスマートウォッチとも連携させられるので、今後はこのやり方を追求していこうと思います。

【参考】Apple WatchでGoogleカレンダーを表示する方法

 

 

 

 

 

 

おしまい

【2018年版】出張で使える!福岡夜遊びガイド

複業ラボの福岡在住メンバーから夜遊びガイドが届きました。福岡初心者の方には役立つ内容になっております。末尾に福岡ナンパnoteも紹介していますのでそちらもぜひ。

 

===

 

はじめまして、てつお(@tegtsuo)と申します。
現在自分は福岡で会社をしています。1年半ほど前に東京から福岡へ移住してきましたが
東京に比べると福岡は生活をするにも遊ぶにもここまで最適な街はないと実感しています。

理由をあげると

・全部安い
・街がコンパクトで移動が楽
・可愛い女の子が多く余っている

の3点ではないかと思っています。

ただ、よくリア友からも福岡に出張に来て美味しいものを食べたかったが、どこに行けばいいか分からなかった。

博多美人と出会いたかったが、どこで出会えばいいかわからなかった。

などの話をよく聞きます。
そこで福岡在住の自分が足を使って調べた「福岡版夜遊びガイド」
としてうまくて安くてお店と遊べるスポットを紹介していきます。

福岡に出張や遊びに来た際に是非参考にして貰えればと思います。

※今回は天神・中州エリアに絞って紹介をしています。
博多エリアはビジネス街でこれから発展していくと思うので
こちらはまた知見を貯めてガイドを作成出来ればと思います。


目次

1)グルメ
2)バー
3)クラブ
4)ホテル
5)風俗

 

1)グルメ

・とり田 博多本店
水炊きのお店ですが他県から遊びに来た方全員大絶賛のお店です。
料理もですがお店側のホスピタリティも高く感動します。中洲川端駅出てすぐの博多座の裏にお店があります。
http://www.toriden.com/

 

・とり皮勝軍
福岡と言えば「鳥皮」。値段もリーズナブルで何本もパクパク行けます。福岡以外ではなかなか食べれないのでここもお勧め。
特に有名なのがかわや系列ですが、個人的おすすめなのはこちら。
天神の隣の赤坂駅から徒歩8分くらい。昭和通り沿いのお店です。
いつも賑わっているので事前に予約は必須です。
http://www.leo-trust.com/

 

・鳥里庵
福岡は焼き鳥も美味いお店が多いのですが、ここは全てのクオリティが突き抜けているお店です。
焼き鳥の他にもここでしか食べれない「そぼろ丼」もお勧めですよ。
天神から10分程歩いた春吉エリアにあります。
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40021731/

・博多池田屋
鉄なべ餃子が有名ですが、あちらは有名になり過ぎて観光客だらけ。そこで餃子のお勧めは炊き餃子で有名な池田屋
隠れ家的な雰囲気も◎ 福岡の中では若干客単価高めではありますが、コースだと量も多くお得です
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40004452/

・釜喜利うどん
福岡で流行ってるのは「うどん居酒屋」。ラーメンのイメージが強いと思いますが
福岡の人はラーメンよりうどんを食べてる気がします。サイドメニューも豊富。ここのすだちかけうどんと特上肉うどんは是非食べてみてください。
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40034851/

 

・長浜市場会館
元々港町だということもあり海鮮の質は非常に高いです。その中でも長浜の鮮魚市場に隣接する市場会館には海鮮を堪能出来るお店が沢山入っております。
http://nagahamafish.jp/

 

・屋台
博多と言えば屋台というイメージがあるかと思いますが、ここは少し気を付けないといけません。
キャナルシティの近くの屋台は完全に観光客向けなので料理の割には。。
というものがちらほら。お勧めは天神の日本銀行前かロフト前の屋台街です。
何件か行きましたがこの周辺で外れはないと思うので覗いてすぐ入れそうな所に入れば問題はないでしょう。

 

https://www.crossroadfukuoka.jp/osusume/2011winter/index.html

こちらに屋台マップがあるのでこちらを参考にされるとよいと思います。

 

2)バー

福岡には東京や大阪に沢山あるHUBやパブリックスタンドみたいな女の子が集まるバーはあまりないです。
(それっぽい所は多いのですが何故か男が多い)
なので、これから紹介するお店には一人で飲みにきてたり、友人二人で来てたりする場合が多いので、
僕はそこに声を掛けていました。

あと福岡で遊ぶ場合の注意点ですが、23時とか早めに閉まるお店が多いので
深夜まで空いているお店は事前に情報として持っておくとよいでしょう。

 

・フゼラフ
清川エリアの川沿いにある、隠れ家的バーです。春や初夏は風がとても気持ちが良いです。
このエリアには1人暮らしで住んでる女性も多く、帰宅前にここで一杯という女性も多いです
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40043853/

・モザイク
こちらは春吉の川沿いのバー。テラス席もあり夜景が良いです。二人組で来ている女性が多い印象。
1人でも入りやすく料理もあり使い勝手が良かったです。
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40046776/

 

・リバーサイドコマツ
こちらは川沿いのビストロ。天神南駅すぐの場所にあるのですが
深夜3時まで営業しています。
店内ほぼカウンター席で女の子2人組も多くステナンには非常に適しているお店です。
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40042642/

 

★コーヒー屋もオススメ

福岡はローカルなコーヒーショップが多く夜遅くまで営業している所が多いです。
1人でのんびりも出来ますし、ステナンにも向いてるかと。遅くまで空いているお店をここでは紹介します

・マヌコーヒー
http://www.manucoffee.com/home/

・RECコーヒー
https://www.rec-coffee.com/

・シロウズコーヒー
http://www.shirouzucoffee.com/

 

3)クラブ

 

最近はあまり行っていませんが、福岡でクラブなら以下の3箇所。ただ注意点としては週末は避けた方が良いです。
レッドオーシャンですし、週末は福岡の田舎エリアからヤンキーが大挙して押し寄せたり、身内同士でつるんだりしているので、
圧倒的アウェイになります。

福岡は看護師や美容師アパレルなど手に職系の女の子が多く、週末より平日の方が
女の子も多くライバルも少ないので、行くなら平日を強くお勧めします。

 

・Cats
通称猫箱。親不孝通りにある福岡では1、2位を争う有名なクラブ。
あんみつ姫という有名なショーパブと同じビルに入ってます。
ただ若干狭め、室内もそこまで綺麗ではないです。ただ年齢層は若め。
http://club-cats.jp/

 

元恋愛工学生のヒデヨシさんも過去に訪れたようですが、その際は惨敗しているようです
http://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2015/04/01/132933

 

・イビザ
在美とナンパ師界隈では言われています。昨年新しく出来た天神の中心部にあるクラブ。
室内も出来たばかりで綺麗です。
アクセスは一番良いと思われる。23時頃から混みだす印象。ギャル系が多い
http://ibiza-fukuoka.jp/

 

・美獣
中州にあるクラブです。クラブ玄人的な人、年齢層も上2つに比べて高い印象。
室内は広く、イベントも頻繁に行われており有名なDJや芸人が来たりしたりしています。
東京だとアゲハ的なポジションのクラブだと思います。
平日は近くで飲食店をやっている人が仕事終わりに来たりしていました。
http://bijou-fukuoka.com/

 

4)ホテル

福岡は最近は海外からの観光客も多く日によってはなかなかホテルが取れない状態です。
なので、かなり前のタイミングで予約をした方が◎。あと最近はAirbnbも増えてきていますので
どうしても取れない場合はエアビー。もしくは後述するホステルなどを検討されると良いかと思います。

・アパホテル福岡渡辺通駅前
清川の柳橋連合市場前。アクセスは非常によく周辺に飲み屋も多いので連れ出しには良いかと思います。
https://www.apahotel.com/hotel/kyusyu/01_fukuoka-watanabe-dori/

・ホテルアセント福岡
親不孝通りそばのビジネスホテル。クラブに行って連れ込みには
良い立地です。
http://www.hotel-ascent.com/fukuoka/

 

・最近はホステルが人気
福岡は海外からの観光客も多く、ホステルが乱立しています。
聞いた話によると東京など他のエリアの方が物件や土地を買って
突貫で新しいホステルを建てているとのこと。

その中には一階部分をバーにして宿泊者以外も出入り出来るようしてる所も増えている印象です。僕が行った時は旅行で来ている外国人や1人旅で来た女子大生がいました。その時のタイミングにはなるかと思いますが、
自分も他県から来たと言えば仲良くなれる可能性は高いです。

・THE LIFE HOSTEL & BAR LOUNGE
キャナルシティ博多近く。福岡では早いタイミングで営業をスタートしているホステル。
内装もおしゃれで一階のラウンジで出す料理もしっかりしています。
僕が行った際は外国人が多くいました。
https://thelife-hostel.com/

・STAND BY ME
天神から歩いて20分くらいの大手門エリアの泊まれる立ち飲み屋。オーナーさんは世界中を旅した元バックパッカー。
一階が立ち飲みスペースになっています。1杯250円ということもあり夜の立ち飲みタイムはにぎわってます。
http://stand-by-me.jp/

 

5)風俗

自分は風俗は殆ど行かないので分からないのですが、風俗は基本的に中州一択です。
川端エリアには高級クラブ・ラウンジ。キャナルシティ側はヘルス・ソープなどが多い印象。
ちなみにお水系の女子をナンパをするなら中州のタリーズは良いでは。
出勤前後の嬢が1人時間を潰してたりしているのはよく見ます。

・タリーズコーヒー 中州ゲイツ店
https://map.tullys.co.jp/tullys/detailMap?account=tullys&accmd=0&bid=416

 

 

さて、以上はスタンダードな夜遊びスポットでしたが、以降はナンパスポット紹介となります。福岡出張や短期滞在の方でも結果を出しやすいメソッドとなっていますので、興味のある方はぜひご購入ください。

目次
・時間帯・曜日別天神・博多周辺でのナンパスポットの紹介
・福岡でのナンパ時のマインドセットについて
・状況別声掛けトークスクリプト付
・連れ出し時に使える飲食店一覧
・人気店・ロジ良しなお店の紹介
・おまけ 出会えるかもしれないディープなお店一覧 (バー・立ち飲み屋など)

 

●出張者向け 福岡ナンパスポット紹介

https://note.mu/1988_10_01/n/n3a19b86ccd22

 

 

 

===

 

てつおさん、ありがとうございました、福岡に出張で行く際はぜひご一緒させてください。

てつおさんのtwitterはこちらです→ https://twitter.com/tegtsuo

今後も地方・海外コンテンツを充実させて参りますので、よろしくお願いします。